月別行事&ブログ

もりやまこども園 月別行事表

園長あいさつ

「♬にこにこ~えがおで~ごあいさつ~♪♪♪」これは、もりやまこども園の園歌の出だしです。この清々しい元気な詩のとおり園児と保育士とは、温もりのある木造園舎の素晴らしい環境の中で、とても良い関わりを持ちながら毎日を楽しく過ごしております。
さて、教育・保育の環境には、保育教諭等や子ども同士などの「人的環境」、施設や遊具などの「物的環境」、更には「自然や社会の事象」などがあります。もりやまこども園は、こうした人・物・場などの環境が相互に関連し合い、子どもの生活が豊かなものになるよう、計画的に環境を構成し、工夫して安心・安全な保育を担っています。
近年、幼児期の「認知的能力」の効果は一時的なものに過ぎず、将来の子どもの育ちを支える「非認知的能力」の育成が重要だとクローズアップされています。「非認知的能力」は、IQなどで数値化される「認知的能力」と違って目に見えにくいですが、物事に関心を持ち、目標に向かって頑張る力、仲間と協調して取り組む力、感情をコントロールする力を中心とし、それらの力こそが人として生きていくための礎になると言われています。
「非認知的能力」は、どのように育つのでしょうか。乳幼児期の「非認知的能力」は、子ども主体の遊びや生活の中で育つと言われ、保育園生活はとても重要で期待されています。園児たちは、無限の可能性を秘めていますね。
もりやまこども園の恵まれた環境の中で思う存分に遊ぶことで、「チャレンジする気持ち(意欲)」、「人への思いやり(優しさ)」、「最後までやり抜く力」、「想像力・表現力」が育まれることでしょう。園生活で培った力を土台とし、好奇心を大いに持ち、何ごとにも果敢にチャレンジして、たくましく成長して欲しいと願っております。

園長写真

もりやまこども園
園長 工藤政彦